極東JPPV
国際協力銀行、極東バイカル地域開発基金、投資誘致と輸出支援エージェンシーにより設立

プレスセンター


Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC signed Cooperation Agreement with Japanese company WIND-SMILE Co., Ltd.

Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC signed Cooperation Agreement with Japanese company Akita Chuou Bandosaw & Co and Fuji Seisakusho, Ltd.

Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC signed Cooperation Agreement with Japanese company,

Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC signed Cooperation Agreement with Japanese company NYK Line

Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC signed Services Agreement with Japanese company, Erex Co., Ltd.

極東
極東は、ロシア連邦最東部の地域で、アジアの極北東に位置します。本地域は太平洋と北極海と2つの洋への玄関口もあり、中国、日本、アメリカ、朝鮮民主主義人民共和国の4か国と国境を接しています。 極東の9つの地域は4つの時間帯にまたがり、その気候帯も極地砂漠から亜熱帯まで多様性に富んでいます。
社会経済情勢
610万㎢
極東の面積
高い地域総生産 - 268 000 ルーブル(ロシアの平均値より19%高い)
6,6 人/㎢
地域の人口
人口あたり投資額はロシアで最も高い
>100万人
人口密度
給与水準は、ロシア全体の平均値より23%高い
沿海地方
極東地域で最も高い商業の発展レベルを誇る。 日本、中国、韓国といった市場への地理的近さ、不凍港と鉄道が州の競争力となっている。また、輸送インフラがシベリア鉄道にアクセスしている強みがある。

面積 – 16万5千㎢
人口密度 - 11,62 人/㎢
人口 – 191万3千人



チュクチ自治管区
- 社会団体「グリーンパトロール」が作成した、ロシアの連邦構成主体における環境ランキングのトップ3に入る。 - 東部の海上にアメリカ合衆国との国境を接する 同管区の競争力としては、地理的に北米および中米の市場に近いことが挙げられる。

面積 – 72万1千 ㎢
人口密度 - 0,07 人/㎢
人口 – 4万9千人
マガダン州
- 貴金属、特に金と銀の採掘量は極東地域で最も高い。 ミネラル資源と漁業資源が豊富。年間通して稼働する大型の貿易海港があり、漁港と産業船団も州の競争力となっている。

面積 – 46万2千㎢
人口密度 - 0,31 人/㎢
人口 – 14万4千人
サハリン州
- ロシア屈指の石油およびガスの採掘量を誇り、漁獲量が最も多い地域の1つでもある。 - 極東連邦管区で最も高い地域総生産-8776億ルーブルを誇り、ロシアの全地域でもトップ3に入る。これは極東連邦管区の1人当たり平均地域総生産の3.4倍であり、ロシア全体では4.6倍。 州の競争力としては、日本その他の環太平洋地域諸国との陸海空路の近さと、天然資源が挙げられる。

面積 –8万7千㎢
人口密度 - 5,63
人/㎢ 人口 – 49万人


ハバロフスク地方
- 林業生産量は極東連邦管区で最も高く、ロシアでも3位。極東連邦管区における労働者の専門知識教育面でも最も重要な位置を占める。 この地方の強みは、その地理的要件から極東地域の輸送中継地点として機能することが挙げられる。輸送のみならず、通信の中継地点でもある。

面積 – 78万8千㎢
人口密度 - 1,69 人/㎢
人口 – 132万8千人
カムチャッカ地方
- 極東、そしてロシア全体でも漁獲量と魚類製品の製造ではトップ。 - 飲料水の質は、極東地域のトップ。 漁業資源、ミネラル資源、観光・レジャー資源に恵まれている。

面積 – 46万4千 ㎢
人口密度 - 0,68 人/㎢
人口 – 31万6千人
ユダヤ自治州
土壌と気候に恵まれた、極東の重要な農業地域の1つであり、植物の生育期間が長く、年間の正の温度が高く、温暖期の降水量も豊富。 同州の競争力としては、ロシア連邦極東の諸地域との連携に非常に適した地理学的立地が挙げられる。また、国境を接する環太平洋地域および北東アジアの諸国との貿易にも適した立地となっている。

面積 – 3万6千 ㎢
人口密度 - 4,47 人/㎢
人口 – 16万2千人
アムール州
- 極東における農業用地の割合ではトップであり、地域の農用適地の38%、耕地の59%を占める。 - 同州には、極東南部の水力発電リソースの67%以上が集中している 。 - 中国と国境を接する。 - 2018年の投資増加額トップ5に入る(+35%)。 同州の競争力としては、環境が農業に適していること、地理的に中国国境とロシアの他の極東諸地域に近いことが挙げられる。

面積 – 36万2千 ㎢
人口密度 - 2,21 人/㎢
人口 – 79万8千人
サハ共和国(ヤクーチア)
- 天然資源の種類と埋蔵量はロシア屈指。ダイヤモンド、金、錫、アンチモン、石油、天然ガス、石炭などもある。 - 地産製品の荷卸し量は極東地域でトップ、固定資本に対する投資額トップ、極東連邦管区における食品流通量でもトップ。 共和国の競争力としては、ダイヤモンド採掘および石油採掘複合体部門におけるポテンシャルが挙げられる。

面積 – 308万4千 ㎢
人口密度 - 0,31 人/㎢
人口 – 96万4千 人


極東

極東は、ロシア連邦最東部の地域で、アジアの極北東に位置します。本地域は太平洋と北極海と2つの洋への玄関口もあり、中国、日本、アメリカ、朝鮮民主主義人民共和国の4か国と国境を接しています。 極東の9つの地域は4つの時間帯にまたがり、その気候帯も極地砂漠から亜熱帯まで多様性に富んでいます。

610万㎢
極東の面積

高い地域総生産 - 268 000 ルーブル(ロシアの平均値より19%高い)

6,6 人/㎢
地域の人口

人口あたり投資額はロシアで最も高い

>100万人
人口密度

給与水準は、ロシア全体の平均値より23%高い
沿海地方
極東地域で最も高い商業の発展レベルを誇る。 日本、中国、韓国といった市場への地理的近さ、不凍港と鉄道が州の競争力となっている。また、輸送インフラがシベリア鉄道にアクセスしている強みがある。

面積 – 16万5千㎢
人口密度 - 11,62 人/㎢
人口 – 191万3千人
ハバロフスク地方
- 林業生産量は極東連邦管区で最も高く、ロシアでも3位。極東連邦管区における労働者の専門知識教育面でも最も重要な位置を占める。 この地方の強みは、その地理的要件から極東地域の輸送中継地点として機能することが挙げられる。輸送のみならず、通信の中継地点でもある。

面積 – 78万8千㎢
人口密度 - 1,69 人/㎢
人口 – 132万8千人
サハリン州
- ロシア屈指の石油およびガスの採掘量を誇り、漁獲量が最も多い地域の1つでもある。 - 極東連邦管区で最も高い地域総生産-8776億ルーブルを誇り、ロシアの全地域でもトップ3に入る。これは極東連邦管区の1人当たり平均地域総生産の3.4倍であり、ロシア全体では4.6倍。 州の競争力としては、日本その他の環太平洋地域諸国との陸海空路の近さと、天然資源が挙げられる。

面積 –8万7千㎢
人口密度 - 5,63
人/㎢ 人口 – 49万人
アムール州
- 極東における農業用地の割合ではトップであり、地域の農用適地の38%、耕地の59%を占める。 - 同州には、極東南部の水力発電リソースの67%以上が集中している 。 - 中国と国境を接する。 - 2018年の投資増加額トップ5に入る(+35%)。 同州の競争力としては、環境が農業に適していること、地理的に中国国境とロシアの他の極東諸地域に近いことが挙げられる。

面積 – 36万2千 ㎢
人口密度 - 2,21 人/㎢
人口 – 79万8千人
ユダヤ自治州
土壌と気候に恵まれた、極東の重要な農業地域の1つであり、植物の生育期間が長く、年間の正の温度が高く、温暖期の降水量も豊富。 同州の競争力としては、ロシア連邦極東の諸地域との連携に非常に適した地理学的立地が挙げられる。また、国境を接する環太平洋地域および北東アジアの諸国との貿易にも適した立地となっている。

面積 – 3万6千 ㎢
人口密度 - 4,47 人/㎢
人口 – 16万2千人
カムチャッカ地方
- 極東、そしてロシア全体でも漁獲量と魚類製品の製造ではトップ。 - 飲料水の質は、極東地域のトップ。 漁業資源、ミネラル資源、観光・レジャー資源に恵まれている。

面積 – 46万4千 ㎢
人口密度 - 0,68 人/㎢
人口 – 31万6千人
マガダン州
- 貴金属、特に金と銀の採掘量は極東地域で最も高い。 ミネラル資源と漁業資源が豊富。年間通して稼働する大型の貿易海港があり、漁港と産業船団も州の競争力となっている。

面積 – 46万2千㎢
人口密度 - 0,31 人/㎢
人口 – 14万4千人
チュクチ自治管区
- 社会団体「グリーンパトロール」が作成した、ロシアの連邦構成主体における環境ランキングのトップ3に入る。 - 東部の海上にアメリカ合衆国との国境を接する 同管区の競争力としては、地理的に北米および中米の市場に近いことが挙げられる。

面積 – 72万1千 ㎢
人口密度 - 0,07 人/㎢
人口 – 4万9千人
サハ共和国(ヤクーチア)
- 天然資源の種類と埋蔵量はロシア屈指。ダイヤモンド、金、錫、アンチモン、石油、天然ガス、石炭などもある。 - 地産製品の荷卸し量は極東地域でトップ、固定資本に対する投資額トップ、極東連邦管区における食品流通量でもトップ。 共和国の競争力としては、ダイヤモンド採掘および石油採掘複合体部門におけるポテンシャルが挙げられる。

面積 – 308万4千 ㎢
人口密度 - 0,31 人/㎢
人口 – 96万4千 人